2010年12月21日

こんなとこにもエコポイントの影響

12月になってエコポイントが半分になったということで、
家電の売れ行きはそれより前に比べたら多少はおちたみたいです。
半分になる直前の11月の末には多くの人が家電量販店に押し寄せ、
テレビなどの買い換えを行っていたみたいですが、
そんなエコポイントの影響もひと段落したかと思いきや、
実は住宅のほうでかなり大変なことになっているみたいです。
エコポイントっていうとどうしてもテレビとか家電のことばっかりに頭がいきますが、
住宅エコポイントもあってこちらもかなり制度を利用してリフォームなどをする人が多いのだとか。
そして、それが影響で今、断熱材によく使われるガラスウールがかなり品薄になっているみたいです。
そのために工事を行いたくても行えない業者が増えていたり、
そのために代金を貰うことが出来ずに資金繰りに困るような業者も出てきているということで、
政府は調査を始めているみたいです。
にしても、家電だけかと思いきやこちらでも影響が出ているっていうのはちょっとビックリですね。
ちなみに、ガラスウールについてはまさに需要と供給のバランスが崩れている状態で、
国内の生産量を超えたのだとか。
なので、どこかの業者には今年中にガラスウールが届かないっていうことも当然あるわけです。
これは当分の間、続くことみたいなのですが、経済的に言えば需要がたくさんあるっていうことで、
住宅業界もこれでちょっとは潤うことになるかもしれないですね。