2016年02月21日

このままでは

現状維持に努めていては、いつかはすたれることになってしまいます。

なぜならビジネスにおいてライバルは自社のものよりも良いものを、
日々、開発するためです。

現状維持での満足から衰退が始まるとはよく言いますが、
まさにこういったことが関係あるのだと思います。

そして、常に今の状態に満足せず、危機感を持って、
改善を続ける人にだけ成功という二文字がついてくるわけですが、
最近、袋麺で流行っているマルちゃん正麺もそういった危機感から、
新しいものが生まれたのだそうです。

これが生まれる前までは、どうしても他社に先をいかれる状態でしたが、
何とかそれを巻き返そうとしたのが、今の商品開発になったキッカケで、
逆転の発送で食卓に出しても満足して貰う麺の開発だったそうです。

それまで袋麺というのは小腹を満たすためのものだったわけですが、
その常識を覆そうとしたわけです。

結果として、今の大ヒットがあるわけで、
ここまで来るには5年の道のりがあり、決して平たんな道のりだったわけではないですが、
そういった苦労があったからこそ今の地位があるということになります。

もちろん、この成功におごることなく、
今後も開発を続けていくということではありますが、
更に良い商品っていうのをきっと市場に出してくれるのだと思います。

そうすることで、更なる成功っていうのはあるのではないでしょうか。

消費者としても更に美味しい製品を生み出してくれれば、
それが一番ですよね。


同じカテゴリー(ビジネス)の記事
 厳しい戦い (2016-05-07 06:24)
 何が大事か (2015-11-24 05:58)