2010年07月14日

エコ製品を作ったら優遇

地球温暖化が騒がれている昨今ですが、
今やスーパーのレジ袋も有料になるところが出てきたりといろんな試みがされてますね。
そんな中で温室ガス排出枠というのが定められており、それを目指すのだとか。
ちなみに、それがどの程度かというと目標が25%というので、
現在の温室ガスよりも4分の3程度まで減らさないと達成出来ないということになりますよね。
これってなかなか大変な目標なんじゃないかなって思ってしまうんですが、
達成することは可能なんですかね?ちょっと気になるところではあります。
じゃあ、その25%という目標をどうやって達成するかというと、
どうやら政府が企業に温室ガスの排出削減を割り当てるのだとか。
つまり、企業は割り当てられた分だけの温室ガスでやっていかなければならないということになるみたいです。
ただ、もちろんその中でやりくりすることが出来る企業もあれば、
出来ない企業も出てくるので、出来ない企業には余裕のある企業から排出枠を買い取って
出来ない企業に売るのか割り当てるかは分からないですが、それで補填するという形にしていくみたいです。
でも、日本ってよく言われているのは結構エコっていうものに早くから取り組んでいたから
他の国よりも削減するのがかなり難しいということ。
だからって、日本だけ優遇してもらうわけにはいかないと思いますが、
貧乏クジを引いた感じになっちゃうんですかね。
まぁ、日本の技術がさらに発展するチャンスと捉えて頑張るしかないですね。


Posted by イコラ at 05:57 │エコ